DotWar(ドットウォー)攻略まとめ ~ 強いアイコンを目指して…各色の特徴や自アイコンのメモなど

※このゲームはもうありません

DotWarのスクリーンショットを私が加工した画像

DotWar(ドットウォー)はTwitterのアイコン同士を戦わせるFlashゲームです。
最近、強いアイコンを目指して専用アイコンを作っていましたが、それについての自分的なマトメ(DotWar Ver1.1)。
軽く遊ぶ程度の場合はあまり必要性のない情報だけど。

各色の特徴

それぞれのカラーの自分なりの解釈

赤色:近接兵

  1. 絨毯系アイコンで敵奇襲兵を殲滅するのに役立つ
  2. 攻めに使うのは難しい。足が遅く敵陣にたどり着けない事が多い

青色:魔法兵

  1. 守備で最重要な存在であり、魔法兵がいなければ敵奇襲兵からクリスタル守りきるのが難しい。自陣に魔法兵をたくさん残すことが重要
  2. 攻撃でも最重要な存在だと思われる。魔法兵自体の攻撃力も十分に強い上、敵を無力化できるので自軍全体の殲滅力・防御力が上がる
  3. 進攻時は敵をスルーして抜けていく傾向にある

緑色:射撃兵

  1. 離れて攻撃しまくるので生存率が高く火力も高い
  2. 敵に積極的に寄っていってなかなか離れない
  3. 高POWの相手にほとんどダメージが通らない
  4. 画面の上のほうに偏る傾向が強い
  5. 自軍の人形兵との相性が良い

黄色:砲撃兵

  1. 攻撃力は低いが攻撃により敵を弾き飛ばせる
  2. 防御力が低いのに前に出るので死にやすい
  3. 敵奇襲兵の誘導に使いやすい
  4. 自軍の人形兵との相性が良い

ピンク色:防盾兵

  1. 自陣への守備戻りが速いが奇襲兵殲滅には向かない。敵奇襲兵を妨害して破壊を遅らせる印象。絨毯系アイコンの守備は近接兵の方がいいと思う
  2. こちらが奇襲兵メインのアイコンで守備をほとんど捨てる場合でも少しは欲しいところ
  3. 大量で攻めると意外と強い。敵が居ても押し返されずにどんどん進む。ただし単独でも敵が密集しているところに突っ込んでしまう

水色:奇襲兵

  1. 高POWアイコンの攻撃の要となっている場合が多い。高POW奇襲兵は相手クリスタルを確実にある程度 or 全部 減らせる
  2. 低POWの奇襲兵は絨毯アイコン相手だとカンタンに殲滅されてしまう
  3. クリスタル以外の敵にも攻撃はするが、皆無に等しい攻撃力
  4. 突破力があるので絨毯アイコンの防御壁突破に有効な場合がある

灰色:汎用兵

  1. 意外と防衛に役立つ。近接兵を汎用兵に変えても奇襲兵の殲滅力は大して変わらない気がする。
    移動が早めなので奇襲兵を殲滅後に攻めてくれることもある。魔法兵が居なくても奇襲兵を殲滅してくれる事がある。
  2. 意外と押し返す。敵を押しのけるパワーがけっこう強い。青・緑絨毯を突破するのに役立ったりする。
  3. 死にやすい。とにかく敵に近づこうとするのですぐに死んでしまう。人形兵を無視してくれない。
  4. いまいち扱いにくい。だから使ってない。

人形兵

  1. 射撃兵や魔法兵などの足止め・おとりとして超優秀
  2. 単独では微妙だけれど、他の兵と混ざると思いっきり敵を弾いてくれたりと強力
  3. スルーされるとなにもできない
  4. 自軍の移動にも邪魔になる

強いアイコンを作るために必要かもしれない情報・関連リンク

自アイコンの記録

自分のアイコンのメモ・解説

一代目の完成形

一代目DotWar用アイコン Ver1.0時に作った。色が薄い部分は飾りで空白扱い

二代目:FernwehDotWar

二代目ドットウォーアイコン

よくある奇襲兵主体のアイコン。最初のと同様に色が薄い部分は飾りで空白扱い。
敵が通りかかりそうな場所に魔法兵を配置して足止めし、殺られるまえに殺るというコンセプト。
中量~大量奇襲兵に弱い。絨毯にもしばしば食べられる。

真っ黒で見づらいので色を付けるとこんな感じ

二代目ドットウォーICON拡大図

なぜか左右対称になっていない部分がありますが意味はありません。塗り忘れです。拡大してみて初めて気づきました。

三代目:Fernwelt_DotWar

三代目アイコン 絨毯アイコンで高POW奇襲兵アイコンを倒す!がコンセプト

dakuryu_さんタイプのアイコンに勝つには、
コチラの射撃兵を敵陣の両隅に送りつつ、相手の魔法兵をできるだけ自陣に誘導する必要がある。
その上で射撃兵を敵陣の両隅に誘導できれば高い確率で勝てるけどこれが悲しいほど思うようにいかない…ある程度は運任せ。

けっこう手が込んでいるのでちょっと拡大して色を見やすくしてみる↓

三代目アイコン拡大図

  • 前方の人形兵は 1.敵陣の近接兵を釣る 2.通り過ぎる奇襲兵のダメージソース 3.敵の魔法兵や射撃兵の足止め
  • 最前面2列の空白は敵の魔法兵を引き付ける為。敵の魔法兵が守備へ引き返すことも多いけれど、その際にコチラの射撃兵が左右に分かれるのを手伝ってくれるパターンが多いので悪いとは言い切れない
  • 前面中央の空白は、敵の攻めを引き入れる為。ある程度敵に突っ込んでもらわないと、敵の魔法兵がほとんど戻ってしまったり、コチラの青が守備に戻ってくれない
  • 中央ライン2列は 1.敵の奇襲兵が中央に寄り過ぎないようにする。敵の奇襲兵が中央に寄り過ぎると自陣の魔法兵を押し戻してもらえない事が多い。 2.奇襲兵#003939については敵陣の守備を中心に寄せる目的もある。
  • 砲撃兵#393900 は奇襲兵の一部を後方にそらして後は真ん中に寄せる役割。一部だけ後方にそらしておけば、守備の戻りが早くて奇襲兵の殲滅が安定する。
  • 射撃兵#003900。初めは#00FF00だったけど#003900の方が押しが強くて敵守備を押しのけてくれるのでクリスタルを破壊しやすい。また、#00FF00よりも敵をスルーする傾向が強い
  • 前半分のところどころ配置している近接兵#390000・防盾兵#390039 は 敵陣の近接兵を中央部に誘導する役割。対絨毯戦でも敵陣突破に役立ったりとけっこう良い感じ。
  • 後方の近接兵#FFE8E8 奇襲兵殲滅役。しかし高パワー相手だと安定しない…
    魔法兵は守備と攻撃の要。色は#000039 #0000A8 #000075 #0000FFを混ぜているけど、特に根拠は無い。
    #000039は突っ込みすぎて自滅することが多いので少なめ
  • これだけやっても安定して勝つことはできなかった。とはいえ最初は絨毯では勝つ事は困難だと思っていたのでまぁ満足。

四代目?:blueback_dotwar

四代目?

5分くらいでテキトーに作ったらやたら強かったアイコン、を少しだけ改良したモノ。
敵を前方に誘導してガラ空きの敵陣を奇襲兵ではなく魔法兵で攻めるコンセプト。
弱点は、敵に人形兵が多いと攻めるのがとても遅いこと。
突き詰めれば強いかもしれないけれど考えるのをヤメタ…